【レビュー】アストロ プレイルーム【感想】

スポンサーリンク
ゲームレビュー
タイトル:ASTRO’s PLAYROOM
リリース日:2020年11月12日
販売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合評価

評価:良ゲー

祝PS5発売。

PS5に内蔵されているアストロ プレイルームをプレイしてみました。

新コントローラーのデュアルセンスを使ったギミックは新鮮で、新しい遊び方を提供してくれる予感がしました。

PS5本体については事前情報通り処理速度が高く、ロード時間が短くなるところは本当に良いと感じました。

デュアルセンスを使ったギミック

崖をよじ登っていく動作をする時、コントローラーを傾けながらR2、L2のトリガーを使って岩を掴むといった感じの操作をします。

指で操作するというより、身体全体を使った運動で動かしていく点が面白かったです。

弓を放つアクションではトリガーの硬さが変化します。

弦を引き絞る感覚を疑似体験しながらプレイするというのは新鮮な感覚で驚きました。

ホライゾンゼロ2でこの機能が採用されているなら神ゲーだろうなとちょっと思っています。

最近だと任天堂スイッチのリングフィットアドベンチャー的なエクササイズを兼ねるようなソフトは需要がありますね。

デュアルセンスの機能を使って楽しめるゲームがたくさん出てきたらいいなと思います。

PS5の入門として

アストロ プレイルームはかなり作り込まれたアクションゲームになっていて、PS5の入門作として本当に良く出来ています。

トリガーの硬さを利用した微調整や、振動による体感など目新しい体験ができました。

収集要素もあって、ステージのゴールなどにアーティファクトとして用意されている歴代プレイステーション集めや、壁画のパズルピース集めなどがあります。

単純にゲームとしても楽しいので、忘れた頃に触ってみるのも良いと思います。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームレビュー
スポンサーリンク
PS4じゃねーか