【レビュー】ウィッチャー3 DLC 血塗られた美酒【クリア感想】

ゲームレビュー

ウィッチャー3 DLC  血塗られた美酒 レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合評価

評価:良ゲー

DLC第2弾も期待を裏切らない出来。

最後までどこかやるせない物語を貫き通してくれました。

流石にここまで来ると既視感があるので名作とまでは言いませんが、ウィッチャーらしい引き込まれる物語でした。

千のおとぎ話の国は楽しかった

メインクエスト あの山のむこうに
赤ずきん、狼男、ジャック、親指姫、三匹の子豚など・・童話のキャラクターたちと絡んだり、戦ったりという展開。ウィッチャーらしからぬ展開で楽しかったです。

一緒に旅をすることでシアンナの印象も変わりましたね。

デトラフの第二形態に大苦戦

メインクエスト テシャム・ムナ
デトラフと直接対決。10回くらいリトライ。

負け続けた時は、カエルの王子さまの悪夢が頭をよぎりました。

攻略自体はシンプルなものに収まりました。

急降下攻撃を避けて2発当てたら離脱。

ラストに相応しい難敵でした。

GOODエンド到達

攻略サイトを見ないでプレイしていたのでBADエンド上等でしたが、一度でグッドエンドに到達できました。

デトラフを倒してしまった時はバッドルートを覚悟していました。

シアンナ関係のイベントは丁寧に見ていたので、それが結果的には良かったみたいです。

最後のシアンナの裁判では、どっちかが死ぬだろうと諦めていたので話が上手くまとまったことに違和感を覚えるほどでした。

まあ、姉妹の悲劇は見たくなかったので良かったです。

最後のご褒美 シリとの再会

最後に自宅に戻るとシリが突然出てきたので驚きました。

女帝エンドだったので、よく抜け出してきたものと感心。

エルヒムのことを聞いたり、シリのグチを聞いたり、束の間の再会を喜ぶことができました。