【感想】Voice of Cards ドラゴンの島 体験版

ゲームプレイ日記

Voice of Cards ドラゴンの島

Voice of Cards ドラゴンの島 体験版をプレイしました。

カードゲームなのかと思っていたら、中身は普通のRPGになっていて意外でした。

テーブルトークRPGが題材のこのソフトはキャラクターからフィールドまで全てカードで表現しているところが独特です。

音楽にMONACAを据えているのでゲームの雰囲気はニーアっぽい感じがしますね。

体験版はゲーム本編の前日譚になっているショートストーリー。

本編で登場する白の教団のキャラクター3人のお話しになっています。

登場人物たちの会話が物語の雰囲気と合っていて引き込まれるものがありました。

ただ、キャラクターボイスはないので長くプレイしていると眠たくなります。

面白くないというよりは退屈な部分が多いという部分が大きいですね。

ただ、割り切って作られているだけにメインシナリオは面白いかもしれないと思いました。

ダークホースかもしれないという感触はあったので期待しています。

コマンド式バトル

Voice of Cards ドラゴンの島はバトルシステムがドラクエっぽいコマンド式になっているので取っつき易いところが良かったです。

キャラクターの行動ターンごとに1つ追加されるジェムを消費してスキルを使うことになるので、ボス戦はスキルの使いどころなんかに戦略的な要素が絡んで面白くなりそうです。

バトルは3人パーティで、アタッカー、ヒーラー、魔法使いみたいな役割分担をしながら戦う感じになりそうです。

いわゆるレベル上げもできるので、ヌルゲーマーでもやれそうな感じはしました。

残念な点はUI周りが使い勝手が悪いのが気になるところ。

テーブルトークRPGの雰囲気を出す為というのはあるのでしょうがモッサリ感があります。

体験版では通常バトルだとBGMがフィールドのままなので盛り上がりに欠けるのですが、本編だとどうなるか気になりました。

凝った演出に期待

カードでの描写、ボイスもマスターのみという割り切った構成ですが、演出が凝っているので楽しめるかなと感じました。

実験的な要素が強い作品なので、ダウンロード販売のみというのは仕方ないですね。

スマホゲーとして見れば良さげですが、実機でやるゲームとしては微妙なところという印象でした。

眠気との戦いの方が大変かもしれませんが、選択肢としてこういうスタイルがあっても良いかなとは思ったので、評判が良ければプレイしてみたいです。