【レビュー】マーセナリーズウィングス 偽りの不死鳥 クリア感想

4
ゲームレビュー
タイトル:マーセナリーズウィングス 偽りの不死鳥
リリース日:2018年9月27日
発売元:RIDEONGAMES
値段:1,500円(税込み)

タクティクスオウガなどのSRPGをプレイしたことがあれば操作に迷うことはないでしょう。
SRPGの新作は少ないのでインディーズを選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

プレイ時間は25時間ほどでしたが、あくまでストーリーを追っただけです。
装備品の厳選やパズルピース集めなどをすれば、もっと時間がかかるでしょう。
防具は同じ種類のものを揃えると特別なセット効果があるのが特徴。
クリア後はレア装備を集めるのも楽しいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合評価

総合評価:良ゲー

マーセナリーズウィングスは2つルートがあります。
両方のルートをクリアするまでに25時間。
ボリュームはそこそこあります。

物語としては王道
仲間も親しみの持てるキャラクター
戦闘システムはスーパーファミコンを思い出させるレトロな作り
SRPGに飢えているならプレイして損はない
1,500円というコスパの良さ

ルート分岐(7章)

マーセナリーズウィングスは7章の選択肢でルート分岐

王様のハロルドに付いていくかどうか。
王に従う従軍ルート、王と別れる離脱ルートを選ぶことになります。
もちろん、ルートによって仲間になるメンバーは違います。

初期メンバーは主人公のセシル、ジェレミー、フランシス。
分岐のある7章までの間で魔法使いのアネモネ、傭兵のフランシスが仲間に。
パーティの役割分担もハッキリしているので、ここまではスムーズに進められました。

従軍ルート

従軍ルートで仲間になるメンバー
・ゴドウィン
・リチャード
・マティルダ

国王側に立って、反乱軍を鎮圧していきます。
従軍ルートで仲間になるのは王の側近であるゴドウィン、リチャード王子、マティルダ。

ハロルド王が自ら出陣するステージもあり、一時的とはいえパーティメンバーになります。
結構強かったです。

戦闘は上級職の解放でかなり楽になります。
範囲攻撃も使えるようになります。
特に、アネモネの魔法は頼りになりました。

マティルダはクルセイダーにクラスチェンジ。
マップ上で馬に乗って戦うので、なかなか絵になります。

セシルの砲撃要請というスキルがおすすめです。
正に爆撃というような攻撃範囲なので、これがあるとかなり攻略が楽になります。

従軍ルートのクリア感想

クリアしてみて、結構楽しかったなと素直に思いました。
クラスチェンジで衣装が変わる点が一番うれしかったです。

シナリオ面では、サブタイトルの「偽りの不死鳥」が出てこないで終わります。
最初にプレイしたのが従軍ルートだったので、やや肩透かしな印象がありました。
離脱ルートが正史なのかな?というモヤモヤが残りました。

ただ、マティルダさんとゴドウィンは魅力的なキャラクターでした。
キャラの魅力もあって最後までストーリーを楽しむことができました。

従軍ルートのMVPはアネモネでしょうか。
とりあえずバーンフレアしとけば大丈夫。
最後まで頼りになるアタッカーでした。

離脱ルート

離脱ルートで仲間になるメンバー
・ユニス
・ウルスラ
・イスカリオット
・ネヴィル

ルートが違うので仲間になるメンバーが全く違います。
離脱ルートではユニスという修道女が仲間になります。
彼女は召喚魔法が使えます。
数的に不利な状況が続くので、サラマンダーを必ず召喚していました。

ユニス以外では、従軍ルートでは敵だったウルスラ、イスカリオット、ネヴィルが仲間に。
反対に、従軍ルートでは仲間だったゴドイウィン、マティルダは敵サイド。
これはこれで面白い展開です。
話の流れも全く違うので盛り上がります。

ユニスはヴァルキリーにすると格好いいので気に入っています。
おすすめスキルはニャリオット。
猫が襲い掛かる技で、射程が長くて使いやすいので愛用していました。

ウルスラは斧のイメージでしたが、上級職のスピアマスターにすると使い易かったです。
超えられる段差がアップする装備にすると、縦横無尽に暴れてくれます。
ただ、防御が疎かになるので先行し過ぎると沈められるケースもありました。

離脱ルートのクリア感想

ストーリーについては、離脱ルートも最後まで面白かったです。
物語中盤でユニスが正体を隠していたという話には素直に驚きました。
あと、割と早い段階でハロルド王を拘束できたので先の展開が読めなかったです。
「偽りの不死鳥」の話はこちらのルートで描かれていました。
従軍ルートでのモヤモヤ感が解消されたこともあり、最終的な満足度は高かったです。

離脱ルートのMVPはイスカリオットでしょう。
ゴーレム作成で味方を守り、ブリザードの広範囲攻撃。
攻守に渡る活躍でパーティを助けてくれました。

離脱ルートでは、序中盤のやりくりが苦しかったです。
バトルはこちらのルートの方がシビアだと思います。
ですが、結果的にスキルの活用などを考える良い機会になりました。
SRPGの醍醐味を楽しむという意味では良かったと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームレビュー
PS4じゃねーか