【レビュー】ファイナルファンタジー7 REMAKE 

スポンサーリンク
ゲームレビュー
タイトル :ファイナルファンタジー7 REMAKE
初リリース日:2020年3月2日
開発元:スクウェア・エニックス

ファイナルファンタジー7 REMAKEのストーリークリア。

クリアタイムは約25時間。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合評価

評価:良ゲー

スクエニの本気が見られる作品。

FF7のサイバーパンクな世界を現在の技術で完全再現していて、グラフィックは期待通りの出来で素晴らしかったです。

キャラクターの掛け合いもテンポが良くて好感触。アバランチメンバーとの会話が増えたのは嬉しいポイント。

自称クラスファーストの主人公クラウドは相変わらずカッコよく、アクション寄りになったバトルは爽快でした。

created by Rinker
スクウェア・エニックス
¥7,505 (2022/12/10 08:10:02時点 Amazon調べ-詳細)

良かったところ

バトルスタイル

戦闘はアクション寄りに。

とはいえ、昔ながらのユーザーの為に「クラシックモード」というコマンド式のスタイルでも遊べるようになっています。

使う人は少なそうですが、個人的にはありがたい仕様でした。

バレット、ティファ、エアリスもバトルメンバーとして操作できます。

特にバレットを操作して銃を乱射するのが予想外に楽しくてハマりました。

「アンガーマックス」を使って集中砲火を浴びせるのが爽快でゲームを続けるモチベーションになりました。

挙動が軽く速攻ができるティファ、空中の敵に強いバレット、魔法ならエアリスとパーティメンバーの役割分担も分かりやすいです。

操作キャラクターの変更もスムーズなのでバトルはストレスなく楽しむことができました。

オリジナル要素の追加

リメイクにあたって追加要素も。

オリジナル版にいなかったソルジャークラス3rdのローチェが登場。

物理法則を無視したバイクの走りと雷攻撃がある厄介な敵です。

ローチェは神羅兵たちの悪評もあってインパクトのあるキャラクターでした。

バイクゲームは当たりの判定がシビアで鬼門でした。

悪かったところ

一本道

ストーリーは基本的に一本道を進むだけなので、やや退屈です。

サブクエストはあるものの探索を楽しむという感じではないので、やや窮屈な感じがありました。

分作というのは気になるところ

何だかんだで面白いのですが・・・分作というのは気になるところ。

本作の終わり方だと、2作目からはシナリオ書くのにさらに時間がかかりそう。

次回作はできるだけ早く出して欲しいところですね。

さいごに

完結してみないと何とも言えない部分はありますが、先の展開が気になる良いスタートだったのではないかと思いました。

次回作は、2023年内みたいなので期待して待ちたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームレビュー
スポンサーリンク
PS4じゃねーか