ファイアーエムブレム 風化雪月 紅花の章 各話の感想

ゲームプレイ日記

ファイアーエムブレム 風化雪月 紅花の章 各話の感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

EP.13 血路の先へ

ミルディン大橋の戦い
勝利条件は敵将ジュディットの撃破。

増援でやって来たレオニーが強くて厄介でした。弓砲台に向かわせていたベルナデッタが歯が立たず苦戦しました。

ストーリーの感想
士官学校編の終わりから話が動き始め、引き込まれる展開でした。黒鷲の学級のまとまってない感じは、青獅子の学級とは全く別のテイストで面白いです。

アランデル公との関係
エーデルガルトの伯父のアランデル公とは、打倒聖教会のために手を結んでいるものの合わない部分も多いようです。青獅子の学級ではさっくり倒してしまって拍子抜けだったアランデル公ですが、今回はもう少し物語の核心に迫れるのでしょうか。

EP.14 卓上の鬼神

デアドラの戦い
勝利条件は敵将クロード撃破。

右側のパルミラ軍を先生で足止めしていたら、弓の嵐で瀕死に。中央突破組は途中でヒルダと戦うことになり、かなり苦戦を強いられました。魔法職のユニットが前線に追い付いてくれて、何とか持ちこたえましたが、かなり厳しい戦いでした。

敵将クロードの手前で、ナデルとドラゴンマスター軍団と乱戦になり、こちらは3人ほど手勢を失いました。クロードはヒューベルトの魔法で削って、先生で止めを刺しました。クラシックだったら心を折られたと思います。

ストーリーの感想
青獅子の学級の時は一人も仲間が増えず終わってしまったので、途中でリシテアが仲間になって嬉しかったです。アフターバトルで、クロードが戦いに負けても同盟に被害がでないように計算していたという話は実に彼らしい話だなと思いました。

EP.15 剣と盾の螺旋

ガルグ=マク籠城戦
勝利条件は敵将セテスの撃破。

セテスの前に結構な数の敵がいます。エーデルガルトをワープさせて、敵の数を減らすことから始めました。右側にいるアロイスはドロテアのメティオで処理。ターン数がかかると火計で酷い目に遭いそうでしたが、早めに倒せたので助かりました。増援で来たフレンは先生でさっくり倒してしまいました。久しぶりの完勝です。

ストーリーの感想
ご無沙汰していたレア様の姿を拝見することができましたが、かなり病んでいるご様子でした。帝国側もランドルフを失い、手痛いところはありました。ですが、セイロス騎士団のアロイスを倒した上、セテスとフレンを離脱させたので成果としては上出来でしょう。

EP.16 偽りの乙女

アリアンロッド攻城戦
勝利条件は敵将の撃破。

青獅子の学級でお世話になった、ロドリグ、フェリクス親子。それにイングリットも敵として出てきます。思い入れの深いキャラを倒すというのは、心が痛むものですね。

敵将ロドリグ・フェクリクスはカイゼリンになったエーデルガルトと先生で足止め。後方のヒューベルトとドロテアの魔法攻撃で倒しました。また、敵将コルネリア・イングリットは右側から侵攻を開始したドラゴンマスターのカスパル、ペトラで倒しました。タイタニスと交戦せずにクリアできたので、時間はかかりませんでした。

ストーリーの感想
表で聖教会と戦い、裏で「闇に蠢くもの」と戦う。エーデルガルトとヒューベルトのコンビがこの難しい局面を上手く切り抜けています。

しかしながら、コルネリアを失ったアランデル公からすぐさま仕返しがあり、一筋縄ではいかないと思い知らされます。アリアンロッドを一瞬で破壊する「闇に蠢くもの」の実力。厄介な相手なので、どうやって決着がつくのか楽しみです。

青獅子の学級では、「闇に蠢くもの」については、その正体は明かされませんでした。今回、コルネリアが闇に蠢くもののメンバーと明かされて、彼女が王国を裏切ってディミトリを罠にかけたことにやっと納得がいった気がしました。こういった話を見ると、続けてきた甲斐があったと嬉しくなります。

EP.17 復讐の野

タルティーン平原の戦い
勝利条件は敵将全員の撃破。

王国軍との決戦。ディミトリ・シルヴァン・ドゥドゥーを全員を倒すという過酷なマップ。特に、魔獣化したドゥドゥーが厄介でした。何度もHPゲージを削り切らないといけないので、前に進めません。そこに増援でメルセデス、レアの軍勢が迫ってくるので、包囲された状況を巻き返さないといけませんでした。かなり厳しいマップでした。

EP.18 想いの果て

フェルディアの戦い
セイロス教団との最終決戦。

右側に全軍を集めて突破を図りました。カトリーヌを倒したら、そのまま雪崩れ込むようにレア様(白きもの)に突撃。その後は決め手を欠いた泥仕合でした。物理も魔法もそれほど通らないので少しずつしか削れない。白きものを相手にしている間に追手に追い付かれて、ギルベルト、アネット、アッシュと戦わざるを得ない状況に。結局、ほとんど倒してからレア様に止めを刺しました。

クリア感想
人間の手による新しい世界を作るというエーデルガルトの願いは果たされました。「闇に蠢くもの」との戦いは描かれませんでしたが、ヒューベルトが何とかしそうではあります。

それよりも、教会関係の謎がはっきりしないまま終わった気がします。レア様=白きもの=セイロス・・と言われても事情が呑み込めませんでした。最後に先生の心臓が動くのはいいとして、ソティスはどうなったのか。そこら辺の事情がよく分からないまま終わりました。金鹿の学級で明かされるのかもしれません。

ペトラの神回避
黒鷲の学級を振り返って、一番お気に入りはペトラでした。当たり前のように回避してカウンターの様式美に惚れてしまいました。カタコトでも一生懸命話すところも好印象でした。加えて、エーデルガルトに負けないくらい真っすぐな性格。お茶会で紅茶を飲んだ後に「適温です」と言うところも好きなポイントした。