【レビュー】ロストスフィア【感想】

2.5
ゲームレビュー
タイトル:ロストスフィア
初リリース日‎: ‎2017年‎10月12日
開発元‎: ‎Tokyo RPG Factory
ロストスフィアのレビューと感想。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合評価

評価:良ゲー

良ゲーとは言ってみたものの前作「いけにえと雪のセツナ」からあまり進化が感じられない作品。

モッサリしたゲームが苦手な人にはお薦めではありません。

個人的には結構楽しかった。

世間の評価はともかく私の評価では良ゲーです

テンポが悪くてもRPGの世界に浸れるなら許せる方にはお薦めかな。

バトルは前作同様のコマンド式RPG。

セツナシステムを使って追加攻撃や状態異常を加えることができるのが特徴。バトルシステムは前作よりもブラッシュアップされています。

ストーリーはSFちっくなところがあって個人的には好きでした。

フィールドやバトルでのBGMは良いですが、前作のピアノのみというインパクトのせいでやや印象が薄い気がしました。

少し進化したグラフィックとセツナシステム

グラフィック面は前作より少し進化を感じました。

3Dモデルのクオリティ自体は低いですが全体的にグラフィック面は丁寧に作られていました。

ストーリーで何度も訪れる「うつしみの湖」のマップは文字通りキャラクターの姿が鏡のように映し出されるという綺麗なマップでお気に入りでした。

また、今作の象徴「月」の描写には力が入っていて、場所によっては良い景観もありました。

バトルは典型的なコマンド式。

前作のセツナシステムの幅を広げて使いやすくさせた形。

中盤以降は法石の昇華が揃ってくるので雑魚戦が楽になってきます

全体攻撃の技に「即死」や「コッコー」の効果を付けていくとストーリーもレベル上げもサクサク進めることができるので苦戦せずに進めることができます。

ストーリーはやや淡白ですが本筋の物語は練られていて良いと思いました。

SF的な世界観やストーリーはグッド

序盤で離脱したロックがギアとして復活する展開はベタですが嬉しいサプライズ。

あと、ヴァンのツンデレがストーリーの半分を占めているような気がしました。

ロックの復活辺りから始まるSF的な世界観は結構面白いと思います。

メインヒロインは紅一点のルミナ。

ヒロインというよりはバトルでのメインアタッカーの印象が強いですがストーリー後半ではちゃんとヒロインしてます。

エンディングは選択肢によって2通りあるのですが、どちらを選んでもスッキリしない感じでした。

PS4でやるにはあまりにモッサリしたゲームですが、ディスク版は安いのでセールで安く手に入るなら買ってみるのもアリかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームレビュー
PS4じゃねーか