【感想】イース8 トライアル

スポンサーリンク
ゲームプレイ日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

イース8 トライアル

任天堂のトライアルで1週間遊べるということでプレイしました。

PS4版をクリア済みでしたが、Switch版はDLC衣装が無料で使えるので、もう一回やってみたくなりました。

今回のトライアルでは第5章まで進めてリタイア。

2周目だからバットエンドでいいやと思っていたのですが、やはりサブイベントをこなさないと味気ないです。

サブイベントまでやるとなると40時間前後はかかるハズなので1週間でクリアするとなると厳しいですね。

まあ、ダウンロード版買ってねってことなんでしょうが。

イース8はメインストーリーもサブイベントもかなりあってボリューム満点なのでアクション好きならプレイして損はないソフトの一つですね。

バトルが楽しいゲームで、スキルを使いながら駆け抜けるのは爽快です。

タイミングよくボタンを押したときに発動するフラッシュガード、フラッシュムーブを活用すれば格上の相手も倒せるところが戦闘をより面白くしていますね。

PSvitaからPS4、Switchと移植されてきたタイトルなのでグラフィック面はやや見劣りしてしまいますが、許容範囲内といったところ。

ストーリーは無人島探索から人類存亡の危機へと一気にスケールアップするので面白いのですが、盛り上がってくるのが後半なので少し我慢が必要かもしれません。

爽快感のあるアクション

イースシリーズらしい爽快感のあるバトルは健在。

武器属性は斬・突・打に別れていて、それぞれが弱点となる敵がいるので適宜操作キャラを入れ替えて戦っていきます。

イース8ではダッシュ機能があって高速で駆け抜けられるので、広い無人島の探索もそれ程ストレスにはなりません。

迎撃戦

無人島の拠点に進行してくる古代種と呼ばれる恐竜たちを追い払うイベント戦。

遭難した人を助けていれば戦いのサポートが受けれれます。それに加えてサブイベントをこなして好感度を上げていればサポートが強力になって、より優位に戦えるという仕様。

これがあるので、サブイベントもとりあえず全部こなしたくなってしまうんですよね。

マップが分かりづらい

イース8のやや残念なところはマップの位置情報が分かりづらくて、結構な頻度で道に迷うところでしょうか。

グラフィック面は単純にPSvita時代のソフトということを考えれば、それ程悪くはないのかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームプレイ日記
スポンサーリンク
PS4じゃねーか