【レビュー】ラチェット&クランク THE GAME【クリア感想】

3.5
スポンサーリンク
ゲームレビュー
タイトル: ラチェット&クランク THE GAME
初リリース日: 2016年4月12日
販売元: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ラチェット&クランク THE GAMEを難易度イージーでクリア。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合評価

評価:良ゲー

PlayStation Plusコレクションタイトル。

初代ラチェット&クランク1作目のリブート版にあたる作品です。

新作のPS5専用ソフト「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」はもう発売されているのですが・・・こっちが先かなと思って何とかクリアしました。

ガラメカを使った派手な武器アクションは爽快で、日本語吹き替えの演技もコミカルで楽しかったです。

映画版の補完のような構成にもなっているので、ストーリーの本筋がいまいち分かりづらい点はやや残念なところでした。

ただ、物語自体はそれ程難しい話ではないので、プレイしながら何となく把握することはできます。

日本語版の吹き替えやナレーションなどは演技が凝っていて笑えるところが多かったので、ストーリー上の多少のブツ切り展開は許せてしまいました。

武器ガラメカを使ったアクション

バトルは武器ガラメカを切り替えて戦います。

ショップでは武器の購入と性能の向上などができます。

ガラメカは種類が豊富なので色々使ってみるだけでも楽しいですね。

お気に入りはプラズマボールを投げ込むクエクガン。

多数の敵を処理することになるので足止めとして最後まで使い続けました。

火力面では、対空用のウォーモンガーと地上戦用のアクマングラブが使いやすくて、後半はこの二つの武器ガラメカを多用していたように思います。

ブツ切りなストーリー

映画版ラチェット&クランクとの兼ね合いもあってか、ストーリーがブツ切りになっていて分かりづらいのが残念なところ。

あくまで原作プレイ済み、もしくは映画を観たことを前提とした構成になっているので、初見だとやや置いてけぼりになります。

それでもストーリーの内容は何となく分かるようになっています。

キャプテンのナレーションは面白かったので、この構成はどちらかと言えば上手くやった方なのかもしれません。

武器ガラメカRYNO

ラチェット&クランクはラスボス戦が厳しいというのが評判だったので、最強の武器ガラメカRYNOを取って挑みました。

結果としてはかなり楽勝でした。

RYNOは火力もさることながら、デフォルトで1000発撃てるというのが圧倒的な強み。

ラストダンジョンまででは弾数が限られているウォーモンガーが主力だったので、一気に戦いが楽になりました。

最後のRYNOカードの場所がラスボスの手前なので、最後の連戦にしか使えませんでしたが・・・気持ちよくクリアできたので良しとしたいところです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームレビュー
スポンサーリンク
PS4じゃねーか