【感想】バディミッション bond 体験版

スポンサーリンク
ゲームプレイ日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

バディミッション bond 体験版

バディミッション bond はキャラデザがワンパンマンの村田雄介さんということもあって、ちょっと気になっていたソフト。

ADVゲームですが漫画っぽい演出は面白く、声優も売れっ子ばかりなので安定しています。

潜入パートではQTEもあったりで、完全な紙芝居にならないように作っているところは好感触でした。

体験版で第1章までプレイしましたが、先が気になる展開でボリュームもありそうです。

ADVをチョイスすることは少ないですが、このゲームは体験版が思っていたより楽しかったので、気分転換にプレイするのもいいかなと思いました。

漫画っぽい演出のADV

ADVゲームは立ち絵でキャラクターが会話するだけというものが多いですが、この作品は漫画のようにコマ割りが使われています。

紙芝居とはいえ、躍動感が感じられるところはグッド。

刑事だった養父とバディを組むために国家警察に入ったルークが主人公。

信念が空回りして上司に睨まれていますが、過去のエピソードを見ると応援してあげたいような気持ちになります。

謎の組織DISCARDがルークのお父さんが亡くなった原因と絡んでいるのでは?という先が気になるところで体験版が終了してしまいました。

ストーリーは結構ボリュームがありそうな印象でした。

フルボイスではないではないのが少し気になりますが、ほとんどはボイス付きなので許容範囲内かなと思います。

捜査アンド潜入

物語は捜査パートと潜入パートをこなして進めていきます。

潜入するための情報収集を捜査パートでこなしていく感じでした。

複数のルートで潜入できるので、自分の通りたいルートの情報がありそうな所を目指して捜査をしていきました。

所々に選択肢のある項目や謎解き要素があって、上手いことやると「HEROゲージ」が溜まるという設定。

HEROゲージが溜まっていると潜入パートで何度かミスしても立て直せるので、できるだけ選択肢は外さないでおくのがコツみたいですね。

体験版の謎解き要素ではそれ程難しいものはありませんが、本編後半には難解なものもあるかもしれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲームプレイ日記
スポンサーリンク
PS4じゃねーか