【レビュー】ブレスオブファイア2 使命の子【クリア感想】

ゲームレビュー
タイトル:ブレスオブファイア2 使命の子
初リリース日: 1994年12月2日
スーパーファミコン Nintendo Switch Onlineでプレイできるブレスオブファイア2をクリア。
クリアまで20時間でした。
スイッチオンラインのソフトは「どこでもセーブ機能」と「 巻き戻し機能」が使えるので、攻略はオリジナルよりも楽だと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

総合評価

評価:良ゲー

「ブレス オブ ファイア 竜の戦士」の続編。

前作から進化したグラフィックとバトルシステム。

合体システムもパワーアップしています。

ドット絵全盛期のキャラクター描写は一見の価値あり。

マップ上のデフォルメされたキャラは可愛く、ステータス画面のキャラは原案に寄せた再現でカッコ良いです。

エンカウント率が高いのが難点ですが、バトルの難易度は程よくパーティ構成に悩む時間が楽しいゲームでした。

進化したコマンド式RPG

竜変身でAP全消費

「ブレスオブファイア 竜の戦士」では竜変身が強すぎたとということもあって、今作では竜変身するとAPが全部消費されるというデメリットがつきました。

とはいえ、最強のダメージソースであることに変わりはないです。

ボス戦での竜変身はお約束。

ラスト2戦はカイザードラゴン連発にお世話になりました。

パーティ構成に悩むのが楽しい

前作よりもパワーアップしたグラフィックや戦闘演出。

竜変身に制限がついたことで誰をパーティに入れて進めるかがより重要になりました。

キャラクターの固有スキルがないと通れない場所も多いのでお気に入りだけを連れていくという訳にもいきません。

また、中盤以降は精霊合体で仲間を強化できるので、進めれば進めるほどパーティに悩むようになります。

合体システムも進化

前作ではダンクの能力だった合体。

今作ではリュウとディースを除いて全員が合体できるようになりました。仲間同士合体ではなく、精霊と合体するという形になっています。

各地で精霊を集める必要があります。

特に、土の精霊のお賽銭17回は見逃しやすい条件で攻略情報なしだと普通に見逃してしまいます。

ちょっと面倒な精霊集めですが、やった分だけ強くなるので欠かせない要素でした。究極合体をするとステータスが大幅に上がるだけでなく、見た目もガッツリ変わるので楽しかったです。

個人的にはマシーンっぽくなるになるボッシュと小さくなるランドの究極合体が好きです。連れていきたいキャラクターを合体で底上げできるというのは面白いシステムでした。

エンカウント率高め

前作では「けむり玉」でエンカウント率をゼロにできるので雑魚戦を避けられました。

ブレスオブファイア2でも「けむり玉」はあるのですが、エンカウントが気持ち下がるくらいです。

道中エンカウントは避けられないので、結構しんどいです。特にラストダンジョンは敵が強い上にエンカウント率が高いので大変でした。

ただ、クジラに乗れるところまで進められればディースの加入や錬金を使ったステータスの底上げ、巨大モンスターのいる島でレベルアップなどの救済措置が使えるようになります。

エンカウント率は変えられませんが、救済措置を活用すればバトルをサクサク進めることはできるかなとは思います。

宿敵バルバロイ

少年時代にボッシュと一緒に完敗したバルバロイにリベンジマッチ。

ラスボスのデスエバンよりもこっちの方が因縁を感じやすい相手なので燃える戦いでした。

1,000ダメージを超えるとリュウとタイマンしないかと話しかけてくるのですが・・・流石にムリそうだったので4人で戦いました。

冒頭の目の不気味な演出といい一番記憶に残る敵キャラでした。

グッドエンディング

グッドエンディングの条件は共同体の浮上

お父さんの救出はメインストーリーなので問題ないですが、エイチチの場所は攻略情報なしだと難しいかなと思います。

共同体を浮上させないエンディングの方が切なくてブレスオブファイアらしく感じますが、グッドエンディングのギャグっぽい明るい終わり方も好きです。